ここぞの時に!




BM液は、人工的に作り出すことが出来ない微生物菌の二次的発生物質(代謝産物)を、長期熟成によって凝縮させた植物活性液です。微生物菌による代謝産物の中でも主にインドール酢酸(植物生長ホルモン類)の作用により、発根促進・細胞促進・細胞分裂促進などの機能を最大限に発揮します。
   

       





《60倍希釈で使用する場合》

   栽培期間中に除草剤・殺虫剤・殺菌剤などの農薬を使用する場合に、BM液を混合して散布します。農薬を散布することに
   よって、植物自体に負担がかかると同時に、根にダメージを与えます。すると根の量が急激に減り、植物の成長が停滞する
   などの症状が見受けられます。
   そこで農薬にBM液を混合することにより、ダメージを受けて急激に衰退した植物の根の発根作用を促進すると同時
   に、農薬の効果を高める働きをします
。発根作用の促進により、植え付け前に潅水又は、どぶ付けなどで使用することに
   より、植え痛みの防止や早期活着を促します

《40倍希釈で使用する場合
   霜害・冷害・台風などの自然災害や農薬などで、植物がダメージを受けて早期に回復を望む場合は、ダメージを受けた直
   後もしくは出来るだけ早いうちにBM液を単用散布することで、早期回復を目的に使用します。



使用回数:3回を目安に、5日位の間隔で使用してください。

※BM液は微生物の効果ではなく、分泌物の効果が狙いですので、農薬を混合して使用できます。
※BM液は潅水で使用するよりも葉面散布がより効果的ですので、葉面散布用としてお使いください。



   



元東京農業大学 教授 金木良三農学博士より〜

■バクタモンで硝酸態窒素含有率が低下?!
 驚くべき試験結果は⇒コチラ

バクタモンによる土壌改善事例

小規模養鶏のモデル
     循環型農業を目指す!
      (鶏卵肉情報掲載記事)

糖度の高い桃・みかんで、ギネスを目指す!
    (産経新聞掲載記事)
      
中国から視察団が訪問!
    (神戸新聞掲載記事)