土に活力を!

 
 榎本 晃明 様 
(兵庫県)

  バクタモン使用年数 : 28年
  バクタモン使用作物 : 露地野菜(レタス・キャベツ・たまねぎ)・水稲
 




   Q1.  バクタモンを知ったキッカケは?
       淡路で酸味・甘味の調和のとれた美味しいみかんがあり、その生産者を訪ねたところバクタモンを使っていると
       言う事で使い始めました。


    Q2. 使い始めた動機と使用年数は?
       先ほどのみかん農家さんから聞いた話によると、バクタモンは肥料、特に化学肥料に強いと言われていました。
     そのみかんの生産から、化学肥料の肥効力が落ちたのに、バクタモンを使うと肥効力が上ると言われ、化成肥料
     を土が受け付けなくなった所に、バクタモンが土に活力を与えてくれると聞きました。
       使い始めて…28年くらいになると思います。
     
      

  Q3. どのような使い方をしていますか?
   元肥としてバクタモンを単用し、追肥として肥料と混合したり単用したり
   その時々の天気や作物の状態によって変えています。また、作物に
   よっては葉面散布します。
 




    Q4. 効果を実感されたのは使用後、
          どのくらい経ってからでしょうか?

       次年度より、肥料を土壌が受けてくれるようになりました。
     使っていくずつ、年々、土壌の団粒化が見られ、状態がよくなっていくのが解ります。
       それに薬剤の防除回数が減り、薬剤の散布回数も減りました。
       それだけ土壌の状態が作物にとって良い状態に変化し、強い作物に生育している証拠だと感じています。


    Q5. あなたの経営にバクタモンがどのくらい役立っていますか?
         肥料の効果を充分に引き出してくれるので、肥効力が上がり、おまけに肥料代も安くなりました!
        経費削減にもつながり肥料効果もアップする。いいですね〜(笑
     


    Q6. あなたにとってバクタモンとは?
          私の地域では、ただの山の土として売られています。と言うのは冗談で、これだけ効果を実感していると
         使わずにはいられませんね(笑 
 


 前ページへ ← 森田周作様  :  次ページへ → 大杉幸夫様 


元東京農業大学 教授 金木良三農学博士より〜

■バクタモンで硝酸態窒素含有率が低下?!
 驚くべき試験結果は⇒コチラ

バクタモンによる土壌改善事例

小規模養鶏のモデルとなる
    循環型農業を目指す!
      (鶏卵肉情報掲載記事)

糖度の高い桃・みかんで、ギネスを目指す!
    (産経新聞掲載記事)
      
中国から視察団が訪問!
    (神戸新聞掲載記事)