土をつくり!根をつくる!

   
大杉 幸夫 様 
(兵庫県)

    バクタモン使用年数 : 13年
    バクタモン使用作物 : ぶどう (堆肥作り)





   Q1.  バクタモンを知ったキッカケは?
       普及所の紹介で、営業の方が家に来てくれたのが始まりです。
       その時、
        1.バクタモンは肥料ではなく微生物です
        2.バクタモンによって根が綿のように細い根を作ります。
       と言われたのを覚えています。他にも色々な説明がありました。
       早速、バクタモンを使っているところへ見学に行き、ぶどうの根を見せてもらいました。
       …これは凄いな!と思いました。


    Q2. 使い始めた動機と使用年数は?
       見学に行って感動したので使い始めたんですが、今年で13年目ですね。
       下の写真はうちのぶどうの樹の根っこです。バクタモンを使ってない樹の根と比べるとここまで違います。
       毛細根が綿のように無数に出ることによって、それだけ栄養分を吸収するということなんです。


     
     
    Q3. どのような使い方をしていますか?
       バクタモンを地下に直接撒く他に、バクタモンを使用して自家製堆肥を作っています。
       バクタモンを使うと発酵が早く進み、臭いもでないので驚きました。サラサラで良質な堆肥ができました。


    Q4. 効果を実感されたのは使用後、
          どのくらい経ってからでしょうか?

       私は3年くらい経ってから実感してきました。ぶどうの節間も短く均等に生育したり、何より味が違ってきました。
       年々、樹の状態がよくなってきている、という事は、土もいい状態になってきているという証拠。


 Q5. あなたの経営にバクタモンが
       どのくらい役立っていますか?

  同じぶどうグループの人達が私のぶどう「美味しい!」といって
  くれますし、自分で堆肥を作っているので経費削減に
  役立っています。
 




    Q6. あなたにとってバクタモンとは?
        捨てがたい魅力を感じます!



前ページへ ← 榎本晃明様 : 次ページへ → 有限会社松山農産様



元東京農業大学 教授 金木良三農学博士より〜

■バクタモンで硝酸態窒素含有率が低下?!
 驚くべき試験結果は⇒コチラ

バクタモンによる土壌改善事例

小規模養鶏のモデルとなる
    循環型農業を目指す!
      (鶏卵肉情報掲載記事)

糖度の高い桃・みかんで、ギネスを目指す!
    (産経新聞掲載記事)
      
中国から視察団が訪問!
    (神戸新聞掲載記事)