ガーデニングや家庭菜園、ちょっとしたお庭の芝生にも!

バクタモンが活き活きした元気な環境を作ります!


                                                

バクタモンではじめよう♪
  健康な野菜作り・花作り!

 
  植物を育てる前に、まず必要な事は土づくりです。
「土作りって難しい?大変そう?」そんな風に思われていませんか?バクタモンがその不安を全て解消してくれます!
バクタモン(有効微生物)が土の中の環境を整える役割をするんです!
  
 

   

【バクタモンの使い方】

 バクタモンは花・樹木・野菜・芝生など、ガーデニングやベランダガーデン、家庭菜園など、植物全般にお使いください。
 ※バクタモンを撒いた時は必ず水遣りをしてください。
  バクタモンは微生物ですので、水を与えて初めて動き出します。


 【家庭菜園】
  肥料を撒く時(元肥・追肥)に、肥料と一緒にバクタモンを撒いて下さい。   50g/㎡

  バクタモンの使い方 
うね(使用面積)  幅1m×長さ10m=10㎡ 
 使用量 バクタモン1kg 
 使用方法 肥料と一緒にバクタモンを散布し、鋤き込んでください。 


 ●バクタモンは肥料・農薬ではありません。
 ●バクタモンは必ず肥料と一緒に使用してください。播種又は定植の20日~30日前までに鋤き込んで
  土に馴染ませてください。
 ※定植前に鋤き込めない場合は、畝の真ん中を割ってバクタモンと肥料を入れてよく攪拌し、土をかぶせてから
  定植してください。
 ●バクタモンとあわせて使用する肥料は、化成肥料・有機肥料・堆肥など何でもOK!
 ●肥料を使用される場合は、市販の堆肥は未熟(未分解)な物が多いので、できる限り完熟堆肥を使用される方が
  失敗が少ないです。
  ※完熟堆肥は夢ゆうき21をオススメします。
 ●未完熟な堆肥を使用される場合、土中で温度が上り、ガスが発生して植物の根に大きな影響を与えます。
  これを防ぐためにはバクタモンを5割増することをオススメします。
 ●植物の生育途中で追肥をされる場合には、肥料と一緒にバクタモンを散布してください。



【芝生】
  肥料を撒く時に、肥料と一緒にバクタモンを撒いて下さい。  50g/㎡
   ※どんな肥料と一緒に撒けばいいの?と言う方は、芝生に必要な栄養素とバクタモンを配合した
       BMスーパーサンドをどうぞ。


【花木・樹木など】
  ①寒肥・春肥など肥料(有機物)を撒く時に、肥料と一緒にバクタモンを撒いて下さい。
  ②上記以外の時期は1~2ヶ月に一度、樹冠下にバクタモンのみを撒いて下さい。
    地植え⇒50g/㎡     鉢植え(8号鉢)⇒5~10g



【草花など】
  ①植替えの時や追肥の時に、肥料と一緒にバクタモンを撒いて下さい。
   その後1ヶ月に一度、バクタモンのみを撒いて下さい。
      地植え⇒50g/㎡     鉢植え(8号鉢)⇒5~10g


  


ご不明な点やご質問がございましたら
お気軽にお問合せください。

okabe@bakutamon.co.jp
TEL* 0795-42-0386      FAX* 0795-42-5207


  


マルヤファーム様
「糖度世界一、ギネスが認めた包近のモモ」
(株)吉岡農園様
「土とともに40余年、栽培から 販売まで自ら手本を示す和歌 山の肥料店」
宇城農園様
「『山椒ミルク』が大人気、山の中のジェラート店」
(株)村上ファーム様
「コウノトリ舞う里で生まれる大粒の黒大豆」
廣井昌利様
「健康を取り戻すためにリンゴを栽培。人も地域も元気に」
(有)ファームランド豊様
「イモ、豆、カボチャ…温暖な気候と微生物のチカラで、多品目の露地栽培を実現」
(有)須田フルーツ様
「キラリと輝く果実は土づくりから」
(有)おりた園様
「バクタモンで世界に通じる緑茶を育てる」
(株)しろとり動物園様
「小さな微生物から大きなゾウまで、みんな学べる動物園」
(有)松山農産様
「微生物のチカラで、廃棄物を宝物に!」
越福雄様
「古木と土のチカラを生かし、リンゴを顧客に直売」
神奈川肥料(株)様
「土中の菌の力を生かす熱水消毒のパイオニア」
坂東明文様
「表層施肥栽培と出逢って…」

サイト利用規約   プライバシーポリシー