バクタモン®は、昭和24年(1949年)の誕生以来、全国の果樹、野菜、お茶、稲作農家で、幅広くご愛用いただいております。
肥料でもなく、農薬でもない。それでいて土中の菌をコントロールして、作物が必要とする成分を効果的に供給する役目を果たす土壌改良材。
その愛用者が生み出す農産物は、なぜか「おいしい」と評判が高く、味わう人たちの健康に欠かせない「抗酸化力」が高いことも立証されてきました。
バクタモン®を使うと、なぜ、食味が高く、健康的な作物ができるのでしょう?
現地をお訪ねして、愛用者の方にそのはたらきと栽培のポイントを伺います。



●大阪府・マルヤファーム様












元東京農業大学 教授 金木良三農学博士より~

■バクタモンで硝酸態窒素含有率が低下?!
 驚くべき試験結果は⇒コチラ

バクタモンによる土壌改善事例

小規模養鶏のモデルとなる
    循環型農業を目指す!
      (鶏卵肉情報掲載記事)

糖度の高い桃・みかんで、ギネスを目指す!
    (産経新聞掲載記事)
      
中国から視察団が訪問!
    (神戸新聞掲載記事)