果樹栽培の基本は土作り!



   森田 周作 様 (奈良県)
      バクタモン使用年数 : 60年    
     バクタモン使用作物 : 柿・ぶどう・梅 (堆肥作り)



Q1.バクタモンを知ったキッカケは?
 就農した当時、ミカンが中心だったのですが昭和38年の寒波でミカンが枯死したので労力の分散と経営の安定を図るため、高級ぶどうであるマスカット・オブ・アレキサンドリアの栽培を始めました。
 しかし、奈良県での栽培例はなく、技術習得のため岡山県へ何度も通い失敗を繰り返した後、加温栽培の技術を確立したわけですが、その頃に岡山県でバクタモンを使用されている方に出会い、知りました。


Q2.使い始めた動機と使用年数は?
 果樹農業の基本は土作りである!と60年前からオガクズと牛糞にバクタモンを加えた完熟堆肥を利用し、化学肥料の使用を最小限に抑えた栽培方法を続けています。
     
     

Q3.どのような使い方をしていますか?
 上記で述べたように、完熟堆肥作りとバクタモン単肥ですね。堆肥作りに取り組むに当たり、普通の堆肥作りは発酵菌も入れず、施用後、根腐れを起こしたり窒素飢餓による樹勢の衰弱等の問題があったので、完全な堆肥を作るために酪農家と連携し、牛糞4トンに対してバクタモンを60kg混合して3ヶ月で5〜6回切り返しを行うと悪臭もなく上質の堆肥ができあがります。
 この堆肥は完熟発酵堆肥ですので、ほうれん草の覆土に利用しても問題がなく、3トン/10a投入したぶどう園では生理的障害の発生もなく、着色や糖度の高いものが収穫できています。
 




Q4.効果を実感されたのは使用後、
    どのくらい経ってからでしょうか?

 いつの間にか「味が違う…」「うまい!」と気付くんですよ。(笑)
 それにね、10年以上連続して施用している私のぶどう園は、歩くと土壌はフワフワとやわらかく、軽く素手で掘るだけで白い細根が確認できるんです。
水稲に使用した時も、周りの稲と比べ倒状に強いですし、バクタモンを使用すると根の張りが格段に良くなります。


Q5.あなたの経営にバクタモンがどのくらい役立っていますか?
 とにかく品質が向上するので、柿園でも完全着色になっても軟果は少なく、糖度も高いために市場で有利に販売を行っています。
 また、化学肥料の使用を最小限に止めることができるので、コスト低減につながっています。樹勢が弱く薬剤防除回数を増やしても落葉病が発生していた園でも、堆肥の施用効果により樹勢が回復し一般防除で落葉病の発生がなく安定した収量をあげています。


Q6.あなたにとってバクタモンとは?
 切っても切り離せないもの! ズバリこのひと言ですね。



元東京農業大学 教授 金木良三農学博士より〜
■バクタモンで硝酸態窒素含有率が低下?!
 驚くべき試験結果は⇒コチラ
バクタモンによる土壌改善事例
糖度の高い桃・みかんで、ギネスを目指す!
    (産経新聞掲載記事)
中国から視察団が訪問!
    (神戸新聞掲載記事)



マルヤファーム様
「糖度世界一、ギネスが認めた 包近のモモ」
(株)吉岡農園様
「土とともに40余年、栽培から 販売まで自ら手本を示す和歌 山の肥料店」
宇城農園様
「『山椒ミルク』が大人気、山の中のジェラート店」
(株)村上ファーム様
「コウノトリ舞う里で生まれる大粒の黒大豆」
廣井昌利様
「健康を取り戻すためにリンゴを栽培。人も地域も元気に」
(有)ファームランド豊様
「イモ、豆、カボチャ…温暖な気候と微生物のチカラで、多品目の露地栽培を実現」
坂東明文様
「表層施肥栽培に出逢って…」