バクタモン効果で地温上昇?!  


     有限会社須田フルーツ
    社長 須田 憲一 様 (山形県)

バクタモン使用年数:15年
バクタモン使用作物:さくらんぼ・西洋梨・りんご・アスパラ





Q1.バクタモンを知ったキッカケは?
 知人の紹介です。
       
       

Q2.使い始めた動機と使用年数は?
 バクタモン栽培のメロンを食べて、それはもう、とても美味しかったので使いはじめました。
 もう、15年くらいになります。

       
       
       

  Q3.どのような使い方を
    していますか?

使用作物も教えてください。
 3月下旬に堆肥と併用してバクタモンを散布しています。
  特にさくらんぼの霜対策として、効果があります。バクタモン(微生物)が土中に居る事で、バクタモンが活発に動き地温が上昇します。そうすると霜が降りても冷害が少なくて済むので、助かっています。 



Q4.効果を実感されたのはどのくらい経ってからでしょうか?
 バクタモンの効果を実感するには、時間がかかる人もいると聞きました。しかし、私の場合は半年で効果を実感する事ができました。特に西洋梨(ラ・フランス)ですね。


Q5.あなたの経営にバクタモンがどのくらい役立っていますか?
 肥料の節減や冷害などの対策をはじめ、作物の味に深みが増して品質がよくなりました。
 品質がよくなると、それだけ高く出荷する事ができますし何より、お客様も楽しみに待っていてくださる。
 バクタモンは非常に役立っています。

Q6.あなたにとって
    バクタモンとは?

 絶対に必要なものです!
 
 





元東京農業大学 教授 金木良三農学博士より〜
■バクタモンで硝酸態窒素含有率が低下?!
 驚くべき試験結果は⇒コチラ
バクタモンによる土壌改善事例
小規模養鶏のモデルとなる
    循環型農業を目指す!
   (鶏卵肉情報掲載記事)
糖度の高い桃・みかんで、ギネスを目指す!
    (産経新聞掲載記事)
中国から視察団が訪問!
    (神戸新聞掲載記事)



マルヤファーム様
「糖度世界一、ギネスが認めた 包近のモモ」
(株)吉岡農園様
「土とともに40余年、栽培から 販売から自ら手本を示す和歌 山の肥料店」
宇城農園様
「『山椒ミルク』が大人気
 山の中のジェラート店」
坂東明文様
「表層施肥栽培に出逢って…」